『ピュア&シルク』 薬用乾燥・シワ・ほうれい線専用クリーム

5つの美容成分配合ほうれい線ケアクリーム『ピュア&シルク』で手間かけずに若返りたい女子はこちらから!

↓→モニターの93,1%がたった9日間でシワ・ほうれい線の保湿力アップを実感した【ピュア&シルク】はこちらから!↓

5つの美容成分配合【ピュア&シルク】はほうれい線ケアに効果抜群で手間かけずに若返れるって本当?

年を重ねるごとに増えていくシワ、年齢が上がるにつれてお肌年齢を隠すのは大人世代の女子にとって、至難の技です。
そんなお肌年齢を隠そうと必死になっている大人世代の女子に大人気なのが『ピュア&シルク』です。

特に頬・目元・口元のホウレイ線は年齢が現れやすいパーツだといわれています。
残念なことに、シワがあると−10歳老けて見られてしまうんです。

特に口元に現れるホウレイ線の原因は、
乾燥→お肌の表面を守っているセラミド不足から、お肌内部の水分が逃げやくなるのです。
紫外線→お肌の奥まで入り込み、皮膚の組織を傷つけてしまいます。
お肌のたるみ→表情筋等が衰えて頬の重さを支えられず頬が垂れ下がり始めます。
食生活の乱れ
・睡眠不足
・ストレス
・コラーゲン等栄養不足
・喫煙

が原因だといわれています。

この様なお肌の状態を改善し、内側から「ピーン」と溢れるハリを出したい方に『ピュア&シルク』は最適なケアクリームです。

実に、モニターの93,1%がたった9日間でシワ・ほうれい線の保湿力アップを実感したと答えています。

過酷な環境にさらされているお肌を守るための頬・目元・口元のホウレイ線ケアを『ピュア&シルク』で始めませんか?

↓手間かけずに−10歳若返りたい方は『ピュア&シルク』をどうぞ↓


『ピュア&シルク』の5つの秘密美容成分を実現した最先端技術「ナノエマルジョン化」って何?!

ピュア&シルク』は最先端技術「ナノエマルジョン化=乳化」を実現した数少ない乾燥・シワ・ほうれい線ケア専用クリームです。
最先端技術「ナノエマルジョン化=乳化」とは、微粒子が肌細部(角層)までぐんぐん浸透してお肌のすみずみまでうるおいで満たす様にするための最新技術です。

そもそもなんで、目元、口元や頬に小ジワが目立つのか?
これらのパーツは特に皮膚が薄いので、早ければ20代前半で細かいしわができ始めます。

何が原因で小ジワが目立つようになるのかご存知ですか?
乾燥→乾燥肌の人は20代前半から細かいちりめんじわが目立ち始めます。
紫外線→肌の真皮層にあるコラーゲンやエラスチンを傷つけて、ハリや弾力のない肌にしてしまいます。
お肌のたるみ>→コラーゲンとエラスチンが緩んでしまうため真皮部分(表皮の次の層)を支えきれずに起こるのがたるみの主な原因といわれています。

これらの小ジワが出やすいパーツ専用クリームが『ピュア&シルク』です!

ピュア&シルク』にはつの贅沢な美容成分が配合されています。




ビタミンA パルミテート(パルチミン酸レチノール)→刺激が最も少なく安定性に優れているのがパルミチン酸レチノールです。ハリのなさ、弾力低下、目元・口元の加齢サインなどは、皮膚に存在するコラーゲンの状態によって決まります。パルミチン酸レチノールは、そのコラーゲンとの親和性が深い美容成分です。また、角質層にも作用し、肌の見た目を左右するキメの乱れにも働きかけます。つまり、年齢と共に現れる悩みに働きかけ、健康的な肌へ導いてくれるうれしい美容成分なのです。

加水分解コンキオリン液(真珠エキス)→真珠エキスの中でも美容成分として注目なのが、「コンキオリンアミノ酸」。これは真珠の光沢を作っている成分のため、人のお肌にも真珠のような輝くうるおいを与えてくれるのです。コンキオリンアミノ酸は、皮膚の潤いを保つ「NMF(天然保湿因子)」と良く似ているので、高い保水持続力が期待できると言います。

ローヤルゼリー→はちみつとはまったく別物。美肌・エイジングケア効果のアル健康に不可欠なビタミン・ミネラル・アミノ酸といった栄養素は、健康な肌を維持するためにも重要です。それらを豊富に含むローヤルゼリーは、化粧品にも適した天然成分。ローヤルゼリーの保湿力とともに、その有用成分を肌へ届けます。

エルデュウ→角質水分とのなじみがよく、塗布直後から高い保湿性を示し、さらにその効果が持続します。エルデュウを荒れ肌に適用した場合、水分保持能を回復させることにより荒れ肌の改善効果があります。

ダブルヒアルロン酸→真皮まで浸透させるのは難しいですが、ヒアルロン酸が角質層(表皮の1番外側にある部分が角質層)の水分を抱え込み、それ以上の水分の蒸散を防いでくれることが期待できます。

ピュア&シルク』はこれらの5つの美容成分を最先端技術「ナノエマルジョン化=乳化」することにより、お肌の内と外の両面から働きかけ、潤い・弾力性を守ります。

↓安心してお試しできる60日間全額返金保証付『ピュア&シルク』の詳細はこちらからどうぞ↓



【ピュア&シルク】の口コミは?

ぞくぞくとうれしい声が届いています!




40代中頃に病気のせいで激ヤセして、シワに悩んでいました。
いろいろなものを試してみましたが、効果がなく、そんな時、ピュア&シルクに出会いました。

少量でものびがよくて、続ける内、明らかに気にならなくなりました。
今では欠かせません。
どうか、これからもよろしくお願いいたします。
40代,女性



長年、喫煙してきたせいもあって"シワやくすんでいく肌の色"が気になり、様々な化粧品サンプルや美容液を使っていました。

なかなかいいものに巡り会うことができない私が最後に行き着いたのがPure&Silkです。

決め手になったのが簡単なのに値段も手ごろなところ!オススメです!
40代,女性



ある日、10年前の写真を見たら今の自分の老け顔にショックを受けました。

「どうにかしたい!!」と思い立ってPure&Silkを購入。

届いて使ってみたら…ビックリ!

塗った部分と塗ってない部分が全然違う!!
もう手放せません。
50代,女性


↓最先端技術による“ほうれい線専用”ケアクリーム【ピュア&シルク】は安心60日間返金保証付です↓



ほうれい線(シワ)を作る悪習慣について

ほうれい線が1センチ伸びると、年齢がプラス6歳老けて見えるといわれます。ほうれい線が目立つのは、実は生活習慣が原因だったりします。おそろしいことに、とても身近な悪習慣が顔の老けを招いてしまっているのかもしれません。

ほうれい線の原因と考えられる悪習慣は、

スマホの見過ぎ
急激なダイエット
暴飲暴食
喫煙・飲酒
食生活の乱れ
頬杖をつく習慣
猫背
運動不足


この7つのうち、3つ以上当てはまる人は危険かもしれません。注意しないと、今のホウレイ線が更に深く刻まれるかもしれません。

くっきり深く刻まれる前に、気づいたらすぐに生活習慣を変えましょう。

特にスマホの見過ぎと急激なダイエットはほうれい線を悪化させます。

スマホの見過ぎは、スマホを使用している人を観察すると分かりますが、長い間、パソコンやスマートフォンを使用していると、顔の表情がなくなりずっと無表情になります。

無表情は顔の筋力を衰えさせ、老化を早めます。また猫背の姿勢も老けて見えます。猫背は全身の血の流れを悪くさせ、むくみや老廃物が蓄積しやすくなります。長時間にわたって前のめりの状態でスマホを見ていると、重い頭を支えることにより、首や肩、あごのラインなどに負担がかかります。その結果として、肌のたるみやほうれい線が目立つ原因となってしまうのです。

また急激なダイエットを行うと、当然、筋肉や皮膚の成長が抑制され、皮膚のたるみの原因になります。大きく膨らんだ風船が突然しぼむ時と同じで、いっきにたるみのある状態になります。

ダイエットをするには、ゆったりとしたウォーキングやストレッチなど軽いものを取り入れることが良いでしょう。

↓手間かけずに−10歳若返りたい方は『ピュア&シルク』をどうぞ↓

ほうれい線の原因について

ほうれい線は鼻の横から口元へ伸びるハの字の深い溝のことです。肌のハリが不足することや加齢が原因で目立つようになります。ほうれい線は年齢以外にも、ストレス、紫外線、乾燥、過度なダイエット、表情筋の衰え、姿勢の悪さなどが悪化して進行してしまいます。

熱いお湯による洗顔やスマホ依存など、生活習慣を改善することでほうれい線が深くなるのを防ぎましょう。

ほうれい線が悪化するしくみ

ほうれい線は、鼻の両脇から口元へ伸びるハの字の線です。肌のハリが失われると、だんだんほうれい線が目立っていきます。

赤ちゃんの肌にハリがあるのは、真皮層にコラーゲンやヒアルロン酸が多いからです。コラーゲンが減少する大きな原因は加齢です。40代になると、産まれた頃の約半分になってしまうとか。

ところが、年齢以外にもさまざまな原因によって肌のハリは不足します。年齢以上の印象に見えるのを予防するために、ほうれい線が悪化する原因をチェックしてみましょう。

ほうれい線が悪化する理由
コラーゲンの減少によるハリ成分の不足
紫外線
強いストレス
過度なダイエット
皮膚の乾燥
表情筋の衰え
姿勢の悪さ・猫背


1. ほうれい線の原因:紫外線(外的ストレス)

紫外線がほうれい線の原因であることは有名なはなしですが、この他、お肌に及ぼす影響としてばシミ・ソバカスなどがあります。また紫外線はコラーゲン繊維にダメージを与える「光老化」という作用も持っています。

地上に届く紫外線にはA波(UV-A)とB波(UV-B)の2種があります。B波は肌の浅い部分に届き、日焼けやシミの原因になります。

一方A波は紫外線は皮膚の真皮に届き、肌の水分を保つコラーゲンやエラスチンを変性させ「光老化」を起こす原因。外的要因が肌に与えるストレスのひとつです。

光老化によるハリ不足はほうれい線を悪化させます。紫外線A波は雲を通り抜けやすい性質があるので、天気の悪い日にも油断はできません。

2. ほうれい線の原因:ストレス

私達は毎日、疲労、睡眠不足、恋愛トラブルや仕事の精神的プレッシャーなど多くのストレスを抱えて生活しています。

適度なストレスはどうにか乗り越えることができますが、過度なストレスはホルモンバランスや自律神経を乱す原因です。

強いストレスを感じると身体は緊張状態になり、血行が悪化します。そして新陳代謝が低下しコラーゲン生成が滞るため、ほうれい線の改善に必要な肌のハリが失われてしまいます。

ストレスの原因を完全に取り除くのは難しいものですが、できるだけリラックスできる時間を確保し、上手にストレスと付き合う方法を探しましょう。

抗ストレスビタミンCを補給しよう

ビタミンCは抗酸化作用が高く体内の炎症を抑える働きがあるため、抗ストレスビタミンとも呼ばれる栄養素です。

ビタミンCはパプリカ、いちご、グレープフルーツなどに豊富に含まれています。不足分はサプリメントなどで補っても良いでしょう。

3. ほうれい線の原因:過度なダイエット

過度なダイエットで急激にやせると肌の収縮が間に合わず、たるみが目立ちほうれい線が悪化する原因になります。大きく膨らんだ風船が、突然しぼむのと原理は同じです。また、極端な食事制限は肌のハリを保つコラーゲンが十分に生成できず、ハリ不足に陥ります。

さらに、極端な食事制限のストレスはリバウンドにつながりやすく、「やせる・太る」をくり返すと皮膚がどんどん伸びきってしまいます。

ダイエットはバランスの良い食事を取りながら進め、肌のひきしめも意識しながら行うと良いでしょう。

おススメなのは、ウォーキングやストレッチなど軽く始められる運動です。

4. ほうれい線の原因:皮膚の乾燥

皮膚のおもな構成は表面から順番に表皮、真皮、皮下組織です。ほうれい線が気になりはじめる初期段階は、皮膚の浅い部分にしわができやすくなります。

さらに、表皮にある「角質層」は皮膚のいちばん表面で、化粧品のうるおい成分が浸透する部分です。角質層の水分が失われると小じわができ、ほうれい線の初期段階となります。乾燥を感じるようになったらすぐに保湿ケアを始めた方が良さそう。

熱いお湯で洗顔は小じわの原因になりかねませんので、注意しましょう。

肌の乾燥の原因のひとつに洗顔のし過ぎがあります。夜はメイクや1日の皮脂汚れを落とすために洗顔料でしっかりと洗う必要がありますが、朝の洗顔は水やぬるま湯だけでも十分と言われています。

また、熱いお湯もうるおいを洗い流しすぎてしまいます。洗顔に使うぬるま湯は30℃くらいまでが良いです。手で触って「暖かくて気持ち良い」と感じるお湯なら、温度が高過ぎるかも。

5. ほうれい線の原因:表情筋の衰え

顔がたるんでほうれい線が悪化する原因のひとつに、表情筋の衰えがあります。

表情筋が衰えると、その上にある脂肪や皮膚も一緒に垂れ下がってしまうのです。

パソコンやスマホのし過ぎで、無表情にすごすうちに、顔の筋肉をあまり使わないため、表情筋の機能が低下しやすくなります。笑うことはストレス解消と表情筋運動の両方に有効です。

ほうれい線の改善には舌回し体操がおすすめです。

口を閉じたまま、舌を歯と唇の間に入れ、上下の歯ぐきと頬を押しながらぐるりと回します。ほうれい線を口の中から押して、伸ばすような感覚で行いましょう。

まずは10周、逆方向に10周、合計20周を1セット。好きな時間に1日3セットほど行うことで、口の周りを囲む口輪筋(こうりんきん)を鍛えることができます。ほうれい線だけでなく、たるみによる2重あごにも効果大です。

6. ほうれい線の原因:姿勢の悪さ・猫背

姿勢の悪さも、ほうれい線が悪化する原因のひとつです。

背中を丸めてうつむきかげんの姿勢を長時間続けると、首の後から背中にかけての僧帽筋(そうぼうきん)が伸びてしまいます。僧帽筋は顔の筋肉に繋がっているので、引っ張る力が弱くなるとたるんでしまうのです。

長時間のデスクワークをする人は、デスクやパソコンのモニタが低すぎないか、椅子が高すぎないかを見直してみましょう。

スマホ依存症はほうれい線の原因かもしれません。

私達の生活に急速に浸透したもののひとつがスマートフォン。

仕事の連絡に調べ物、SNSで友達の近況をチェックして、時間つぶしにはゲーム。とても便利ですが、気付けば1日何時間もスマホを見ていませんか。

スマホを操作している間は背中が丸まっていることが多いもの。ほうれい線が気になる人はスマホ依存に要注意です。

ほうれい線の原因は年齢だけじゃないんです。

ほうれい線を悪化させるのは年齢だけではなく、ストレス、紫外線、姿勢など、様々な要因がからみ合っています。

生活全体を見直して、日々の習慣を変えてみてはどうでしょうか?

↓手間かけずに−10歳若返りたい方は『ピュア&シルク』をどうぞ↓

ほうれい線の予防方法

ほうれい線を予防するには、どういった方法があるのでしょうか。手軽にできる方法をお伝えします。

顔の体操で、ほうれい線を予防する方法

ほうれい線を防ぐには、肌のたるみやむくみの解消が大切です。

普段使わない口のまわりの筋肉を、舌を使って内側から刺激し、ほぐしながら鍛えることで血行が良くなり顔のむくみが解消される舌回し運動や、顔の筋力を鍛え、さらに小顔効果も期待できる、発声運動による顔の体操も効果的です。

肌のハリを戻すスキンケア

スキンケアでほうれい線を防ぐ方法として、まずは、紫外線対策、乾燥対策をしっかりしておきましょう。

特に、紫外線は肌の老化の80パーセントが紫外線だといわれています。

紫外線対策では、外出の際は、毎日日焼け止めクリームや化粧下地に紫外線カットができるものを選びましょう。

そして、化粧直しもコマめに行うようにします。紫外線カットの効果のあるパウダータイプファンデーションや、フェイスパウダーを持っていると便利です。

乾燥対策には、まずは、保湿です。特に、保湿をサポートしてくれるコラーゲンやセラミドをを取り入れた化粧水や美容クリームなどを選びましょう。

美白ケアでは、レチノールやビタミン誘導体、ナイアシンが配合された化粧水が効果的だといわれています。特に、レチノールはコラーゲンを多く増やしてくれる成分です。

ただし、レチノールは*肌への刺激も強い成分なので、パッチテストなどで試してみたり、濃度が低いものを選んだりなどして使うようにしましょう。

食事でほうれい線を予防

ほうれい線対策は、食事の仕方と食事内容を気をつけることが大切です。特に心がけたいのは、よく噛んで食べることです。食事をよく噛んで食べると、表情筋を鍛えることができほうれい線を予防することができるといわれます。

また、片方の歯だけで食べる癖があると、使っていない方の頬がたるんでしまうので、両方の歯で噛むように心がけましょう。

定期的にガムを噛む習慣をつけると顔の筋肉を鍛えやすくなるため、気になる人は、ガム習慣を取り入れてみるのもいいかもしれませんね。

食事は、ハリアップとシミケアに効くコラーゲンとビタミンCを取り入れ、アンチエイジング効果のある緑黄色野菜を取り入れるようにしましょう。

さらに、気をつけたいこととして挙げられるのは、甘いものの摂りすぎです。過剰な糖分摂取は、コラーゲンの硬化やくすみを起こし、肌の老化を促進させてしまいます。適度に摂るように心がけましょう。

↓手間かけずに−10歳若返りたい方は『ピュア&シルク』をどうぞ↓

ほうれい線の予防対策について

まだまだ老ける歳でもないのに、鼻の横から口にかけて刻まれたほうれい線を発見することがあります。ほうれい線があると−5歳老けた顔に見られます。

加齢に伴う、コラーゲン不足によって起こるといわれているほうれい線ですが、実は、いろいろな生活習慣によってできやすくなってしまうことがあるのです。

ほうれい線の原因〜肌質〜

老け顔に見せてしまうほうれい線。ほうれい線は、いったいどのようなことが要因となるでしょう?

1.乾燥肌

肌が乾燥しやすい体質の人は、特にほうれい線ができやすいといわれます。特に、紫外線による肌の乾燥は、肌表面の水分を蒸発させてしまうだけでなく、肌内部のコラーゲン不足を促進します。

コラーゲン不足の現象として、肌は弾力を失い重力に負けやすくなりその結果、ほうれい線ができやすくなってしまうといわれています。

2.喫煙を吸う肌

タバコに含まれるニコチンや化学物質が、肌によくないことは有名な話です。特に、「スモーカーライン」と呼ばれるシワは見た目年齢を上げ、老け顔に見せてしまいます。

さらに、ニコチンにより血行が悪くなり、酸素や栄養分が身体全体にいきわたりにくくなり新陳代謝も低下し、女性ホルモンの減少、シワやたるみ、乾燥といったほうれい線のできやすい環境を整えてしまいます。

3.目の下の▽ゾーンの毛穴が目立つ

毛穴がもっともできやすい場所といわれる▽ゾーン。ある時期を堺にこの部分の毛穴が開いてる時間が増えてきたという方も多いかもしれません。

実はこの部分の毛穴が目立ちやすくなったということは、頬の筋肉のたるみのサインなのです。その結果毛穴が広がってしまい、▽ゾーンの毛穴が目だって見えてしまっているのです。

ほうれい線ができる理由とは?

1.加齢

ほうれい線のひとつの原因として、加齢があげられます。

年齢を重ねると、肌の水分量が減少していき、頬の脂肪を支える皮膚組織がたるんできて、頬の位置が下がってしまいます。 頬の位置が下がると、頬が垂れたようにみえるのでほうれい線もできやすくなります。

2.肩のこりや目の疲れ

デスクワークやパソコン、スマホなどによって起こる目の疲れや肩こりもほうれい線の一因となります。目の疲れは、目の筋肉、口の筋肉をつないでいる上唇拳筋とよばれる筋肉のこりを起こしてしまいます。

さらに、前かがみの姿勢や常に下を向いた状態の体勢は肩こりが起こり、頬がたるみやすくなってしまいます。

3.運動不足

運動不足により筋力が低下すると、血行不良や、新陳代謝の低下によって冷えを起こすので身体が常に冷えた状態になります。結果、身体に老廃物が溜まりやすくなってしまい、ほうれい線の原因であるむくみが起こりやすくなります。

↓手間かけずに−10歳若返りたい方は『ピュア&シルク』をどうぞ↓

ほうれい線予防に効果のある食べ物

ほうれい線予防のできる食べ物として、コラーゲン、たんぱく質、ビタミンCがあげられます。

鶏皮

体内のコラーゲンは、毎日摂り続けることによって保たれます。とくに加齢とともに減少しやすいので、毎日の食事に積極的に取り入れましょう。

特に、鶏皮は安価で手に入れることができるお手軽な食材です。煮凝りを作りおきしておけば、野菜炒めの味付けや煮物のアクセントとしても使えますよ。コラーゲンが豊富な食材は、ほかにも牛筋・豚足・うなぎなどが挙げられます。

カツオ

たんぱく質が豊富に含まれる食材は、肌の形成や新陳代謝の促進などほうれい線を予防してくれる食材として欠かせません。

たんぱく質は、肌のみならず骨や筋肉の形成にも非常に重要な栄養素です。また、魚類には不飽和脂肪酸という中性脂肪を減らす成分も含まれるため、積極的に摂りたいところ。

良質なタンパク源としては、ほかにはマグロや卵、豆類などがあります。

ほうれん草

ビタミンCが豊富な食材は、コラーゲンの生成にとても重要な役割を担っています。コラーゲンそのものを食べただけでは、美肌効果は得られません。コラーゲンはビタミンCと一緒に摂ることで、初めて身体の中で生成することができるのです。

なので、鶏のムニエルにほうれん草のソテーを添えたり、煮物に入れたりなどしてもいいですね。

ビタミンCが多く含まれている食材として、いちご、ブロッコリー、赤ピーマン、サツマイモなども挙げられます。

玄米・十六穀米

緑黄色野菜は、抗酸化力のあるβ-カロテン(ビタミンA)やビタミンCを多く含み、アンチエイジングやほうれい線予防に効果があってと、積極的に摂りたい食材です。しかし、忙しいと手間をかけた料理をつくるのはなかなか難しいですよね。

そんな人におすすめしたいのが、手軽にご飯と一緒に炊くことができる十六穀米やアマランサス、玄米です。

穀物はビタミンや食物繊維の不足を補うことできて、ほうれい線予防に効果のある「よく噛んで食べる」習慣も身につき、さらにダイエット効果にも期待できます。

↓手間かけずに−10歳若返りたい方は『ピュア&シルク』をどうぞ↓

マスクでほうれい線予防!

女性にとってほうれい線は−5歳老けて見えるようになるので大敵です。レーザーやヒアルロン酸注射など、予防法はさまざまですが、日々の日常生活から手軽に継続できるケアがマスクをつけることなんです。マスクをつけることで得られる美容効果があるなんて知らなかった方も多いかもしれません。

なかなか取れないほうれい線は厄介です。メイクのノリも悪い感じがするし、特に老けた印象に見えるのはいやですね。かといって、プチ整形をする時間も金銭的余裕もないとなると、日々のほうれい線防止のための美容習慣をつけることです。それが、マスクをつけてほうれい線を防止することです。

ほうれい線は、おもに顔の脂肪を支える筋力の衰え(たるみ)と乾燥によって起こるといわれています。ほかにも、何気なくやっている生活習慣によるものもあります。

ほうれい線をマスクの保湿効果で解消しよう!

ほうれい線予防には、マスクが効果的といわれています。特に、外出時と就寝時につけるのが有効なのだとか。

外出時

外出時にマスクをすることで、肌の水分が蒸発を防止してくれたり、乾燥の原因となる紫外線をカットしたりできます。

適度な湿度が保てるためにお肌が潤っている状態をキープすることができ、頬の乾燥が防げるのでほうれい線の予防につながります。さらに、リップクリームを塗ることで唇のプルプル効果もあり、まさに一石二鳥です。

特に、紫外線の強い5月から夏の外出時はマスクをつけておくと良さそうです。

就寝時

外出時、マスクをするのに拒否感がある人は、就寝時のみでもマスクを着用することをおススメします。 就寝時にマスクをすることで、美肌効果とのどの保湿効果が期待できます。

鼻や口から直接、冷えた空気や乾燥した外気を吸い込むと、のどの炎症や身体の冷えに悪影響を及ぼします。

マスクによる保温効果によって、風邪予防とむくみの解消、さらに化粧水やクリームによるケアも効果的にカバーしてくれるので、翌朝の保湿効果も期待できます。

敏感肌さんにもおすすめ!〜ガーゼタイプのマスクでさらに保湿効果アップ!!〜

しかし、ほうれい線予防にマスクとはいっても、就寝時につけたら顔に跡が残ってしまったという人や、肌荒れやニキビが出てしまったという人も……。そんな人におすすめしたいのがガーゼマスクです。

ガーゼマスクは乾燥肌や敏感肌の人におすすめ

化学繊維や、不織布などの使い捨てマスクは保湿効果や花粉防止効果があるものの、敏感肌や乾燥肌の人にとってはかゆみやかぶれの原因になることがあります。

一方、ガーゼマスクは綿やシルクなどの柔らかい素材を使っているので、肌になじみやすく、適度な加湿で蒸れるにくいので肌にも優しいのだとか。

吸湿性がある

口呼吸をしてしまうような鼻かぜを引いたときに、おすすめしたいのがガーゼマスクです。

不織布マスクだと、口呼吸の水蒸気がこもってしまいべとべとして気持ち悪い思いをすることがありますが、ガーゼマスクなら、程よく水蒸気を逃してくれるので苦しくなったり気持ち悪い思いをすることが少ないといいます。

保温性がある

ガーゼマスクは、不織布と比べて保温性が高いという特徴があります。特に、冬場の冷たい空気を温めてくれる防寒効果があり、のどの痛みや風邪予防に最適です。無意識に呼吸をする就寝時につけることで、鼻やのどの乾燥や冷えを防ぐことができます。



・ほうれい線の原因
長時間のデスクワークによる運動不足や猫背

日常的な運動が少なくなりがちな現代。デスクワークの多い日常生活はほうれい線ができやすい原因がたくさん潜んでいます。

長時間、デスクワークや同じ姿勢ばかりの仕事をしていると、老廃物がたまり、血行不良が起こりやすくなり、むくみの原因になります。

また、スマートフォンやパソコンを長時間使う機会が多いと、自然と前かがみになる姿勢が多くなるので猫背になりやすくなってしまうことも。

悪い姿勢が習慣化してしまうと、顔の皮膚と筋肉を引き上げてくれる僧帽筋が硬くなってしまい、顔の筋肉を引き上げることができなくなってしまい、ほうれい線の原因になってしまうといわれています。「最近、肩こりが取れないなぁ」と思っている人は要注意です。

紫外線による乾燥

乾燥肌の人は、比較的ほうれい線ができやすいといわれていますが、乾燥のもっとも大きな原因として紫外線があげられます。 外出前の保湿や日焼け止めクリームなどのケアをしないでいると、肌表表面の水分が蒸発してしまい、肌の乾燥が促進され、肌の老化につながってしまいます。

食生活の偏り

最近、若い人の間でも問題となっている「新型栄養失調」。十分なカロリーを摂っているはずなのに、偏った食生活のため、ビタミンやミネラル不足、たんぱく質が不足することによって起こる栄養失調だといわれています。

気軽に食べやすくて口当たりのいいものばかりの食事が中心になっていることで、肌荒れや、アレルギーを起こしやすくしているのです。

そのほかにも良質のたんぱく質がとれないとコラーゲンが不足するので、当然、ほうれい線もできやすい肌になります。さらに、硬いものを食べる習慣がなくなったことで、頬の筋力不足になっているともいわれます。

口呼吸

無意識のうちに、口が半開きになっていたり、朝起きたら喉が痛いことが多いということがありませんか?それは、もしかしたら知らず知らずのうちに、口呼吸をしている可能性があります。

口呼吸が習慣になっている人は、頬の筋肉がたるみやすくなり、自然とほうれい線ができやすい肌質になってしまうのだとか。また、口呼吸が習慣化してしまうと、片方だけの歯で噛む癖もついてしまうので、偏ったフェイスラインになり、ほうれい線だけでなく顔の形まで崩れてしまうといわれています。

↓手間かけずに−10歳若返りたい方は『ピュア&シルク』をどうぞ↓

筋肉の衰えを防ぐための効果的な顔の運動

ほうれい線を予防できるかんたんで、効果的な顔の運動について紹介します。

1.舌回しエクササイズ

ほうれい線の予防に、最もかんたんで有名な舌回しエクササイズ。いつでもどこでもできるのでぜひ日常生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

1口を閉じた状態で、舌を左回りに歯に沿うようにゆっくり20回まわす。
2同様に、舌を右回りに歯に沿うようにゆっくり20回まわす。

上記を1セットで、一日3セット行うようにします。ポイントは、歯に負担がかからないように優しく丁寧に行うことです。

2.ほうれい線を消すマッサージ!エクササイズ!たった1分でパッとケアする方法

マッサージとエクササイズを組み合わせたほうれい線を薄くするマッサージです。お風呂上りに保湿と一緒に取り入れてみるとよさそうです。

1口の中に指を入れて、下から上へマッサージ。口の中の筋肉をほぐして柔らかくすることで、 ほうれい線を薄くする。
2口の中を膨らませたり、へこませたりを繰り返し、内側からシワを伸ばす。
3ゆっくりと、外から頬をつまんで下から上からスライドさせ頬を引き締める。
4エクササイズ&マッサージの後は、保湿を忘れないように。

毎日3セット行います。ほうれい線が薄くなるように意識することが大切です。

3.20秒でほうれい線がなくなる!おうちでかんたんなフェイシャルエステ

仕事の休憩時間、お風呂のあとに、どこでもできるとてもかんたんなフェイシャルエステです。毎日のちょっとした空き時間に意識してやってみましょう。

1中指と薬指を右のほうれい線に乗せる。左手で中指と薬指を下から支える。
2ゆっくり真上に引き上げ、軽く下を向き、ゆっくり両手を離す。
3左側も同じように行う。

シワを上にあげ、ほうれい線を消すように意識して、ゆっくり行うのがポイントです。

↓手間かけずに−10歳若返りたい方は『ピュア&シルク』をどうぞ↓

季節の変わり目のエイジングケア方法

こんなことはありませんか?夏の間は暑さで毛穴も開きユルユルだったお肌が、急激に気温が下がり突っ張っている感じ。そんな時に、地下鉄の窓に写る顔をご覧になったことはあるでしょうか?本当にホラーの世界です。皆さんは違うと思いますが、昨日私(40代前半)が経験したことです。急激に乾燥してきてシワもくっきり浮かぶ上がる状態です。

季節は夏から秋に変わり、お肌の環境も変わり目です。外気に直接触れているお肌は気温や湿度の影響を受けやすい状態です。特に、一年を通してこの時期が一番お肌への環境が変わるのではないでしょうか?夏に比べて急激に気温が下がり、乾燥の季節に突入するからです。この急激な変化に対応するためには、自分のお肌にあったスキンケア化粧品を選ぶのが一番です。

この時期大切なのが乾燥からお肌を守る「保湿」です。暑い夏を過ごしたお肌は大きなダメージを受けています。

暑い夏は汗や皮脂の分泌が増え、お肌は脂っぽくなりますが、一方秋から冬は乾燥しているので、皮脂の分泌量も減り、お肌の潤いも一気に下がります。

お肌の保湿機能を保つには「角質層」の機能が重要になってくるのです。角質層はお肌の外側で守ろうとするとても大切な役割を担っています。お肌の水分が外側に出ないよう、バリアのような機能があります。しかし角質層は大変敏感で湿度が高いと角質層の水分量は増しますが、湿度が低いと(=乾燥している)減少します。

健康的な角質層には約30パーセントの水分があり、乾燥からくるかさつきで水分量は10%以下になるといわれています。10%以下だと何が起こるかというと肌荒れやお肌のトラブルが頻繁に起こるようになります。

乾燥している冬でも、お肌の潤いを保つことが美肌になるための条件になります。そのためには今の季節からお肌を乾燥から守る対策をしなくてはいけません。

↓手間かけずに−10歳若返りたい方は『ピュア&シルク』をどうぞ↓


この時期に必要なエイジングケア方法は?

冬になると夏のような紫外線の量は減りますが、乾燥によるお肌の水分不足が問題になってきます。本格的な乾燥の季節が始まる前から対策を始めなくては美肌を保つことはできません。

1.洗顔はぬるま湯で洗いましょう
水温が低いとm洗顔で落しきれていなかったメーク残りや皮脂等が毛穴に詰まってしまいます。そして、毛穴の開いた状態がさらなる乾燥を引き起こすという負のスパイラスに落ちいってしまします。

2.洗い過ぎない
お肌に必要な皮脂まで落しすぎる危険があります。

3.優しく、丁寧に洗いましょう
とにかくこすらないことです。摩擦は乾燥肌の大きな原因です。洗顔料は泡立てて、指がお肌に触れないようにい注意しましょう。 

4.クレンジング 古い角質や汚れを丁寧にすみずみまで落すことが大切になってきます。古い角質がきちんと除き切れていないとお肌のバリア機能や保湿機能に影響を及ぼします。

5.洗顔後は直ぐにスキンケアしましょう
洗顔後やお風呂の後は、お肌の水分が急速にとんでいくので、乾燥肌の方は注意です。マスク状パックやオールインワンゲルなども効果があります。

その結果、かぶれなどのお肌のトラブルが起こります。また「保湿」ときくと、化粧水や美容液を思い浮かべますが、まずはお肌の本来の機能を守ることが大事です。毎回の洗顔をきちんとし、お肌を清潔に保ち、お肌の本来の機能を促すようにします。

その後、化粧水や美容液や乳液等でタップリ保湿ケアするのもとても大切です。

この季節のお肌は夏の紫外線の影響でお肌が硬直し乾燥した状態になりがちです。保湿成分の高い化粧品で潤う補給をし、乳液やクリームでお肌ウェお柔らかくするケアが大切になってきます。

気温の変化の激しい「季節の変わり目」は特にお肌にとって過酷な環境になります。そんな時期は環境に合った化粧品に替える時期としてもベストです。
年間を通して常に同じ化粧品ではなく、その時その時の環境に合わせて自分のお肌の状態を事前に予測しながら早めはやめのスキンケアの対策をすることをおススメします。

↓手間かけずに−10歳若返りたい方は『ピュア&シルク』をどうぞ↓


エイジングケアに大切なこと

それは化粧品やサプリメント等お金で購入できるものを塗ったり飲んだりすればよいわけではなく、基本的には、バランスの取れた食事、睡眠、適度な運動が大切だといわれています。この基本的な生活の中にエイジングケア商品を取り入れていくのがベストな方法です。

例えば、高価な美容液を使っているからといってヘビースモーカーでは本末転倒です。まずは生活習慣を見直し、お肌を中心に考えた生活をすることにより、効果的なエイジングケアが期待できます。

またエイジングケアといっても多義に分かれます。トラブルごとに対策を見ていきましょう。

シミ対策:一年を通して日焼け止めを使用しましょう。メラニンの沈着を抑え、できたメラニン色素を還元してシミを薄くするビタミンCを積極的に食事の中に摂りましょう。ビタミンC摂取にオススメの食材は、ゴーヤ、パセリ、パプリカ、ブロッコリー、ピーマン、いちご、キウイなどです。

乾燥、シワ対策:乾燥を防ぐためには、きちんと保湿することが大切です。乾燥はお肌のトラブルの基になります。そして、肌作りのカギとなる良質なタンパク質と、抗酸化作用をもつビタミンA、ビタミンEをたっぷり摂りましょう。

ビタミンAは肌や粘膜を強くします。植物性食品の中ではβ-カロテンとして存在し、体内でビタミンAとして働きます。ビタミンAは鶏レバー、ウナギ、ニンジン、春菊、ホウレン草、カボチャ、ニラ、小松菜、チンゲン菜などに多く含まれます。ビタミンEは肌の奥で酸化を防止し、肌を保護するバリア機能を正常に保ち、うるおいをキープしてくれます。ビタミンEはアーモンド、アンコウの肝、スジコ、タラコ、アユなどに多く含まれています。

エイジングケアの開始年齢は早ければ早いほど、お肌の老化を遅らせることができます。若い時はあらゆる体内の機能が高く新陳代謝も活発なので、普通に生活していても、お肌の老化は感じません。しかし、先取りしたエイジングケアをしておけば、歳を取ってもわかわかしく生活できます。

↓手間かけずに−10歳若返りたい方は『ピュア&シルク』をどうぞ↓


 

サイトマップ

ひまわり証券でFXを